FX取引が制限されている職業が金融機関に勤めている人たち

職業によって投資できない場合がある

そんな人気のFX取引ですが、金融取引については就いている職業によっては個人で取引することが禁じられているまたは規則で大幅に制限されている職業があるそうでそういった方は投資をするのにも注意が必要という事になります。
そういった職業に該当するのが金融機関に勤めている人つまり証券、銀行、生保、損保等に勤務している人でこういった方々は金融商品取引法などにより取引をすることが禁じられています。
ですのでもしこういった人が個人で取引をしてしまうとその職業についている事ががあだになってしまうこともあり得るわけです。
そういったことから投資取引を始める際には職業によっては十分注意する必要があり会社によっては規則で細かく規制がかけられているところもあります。

金融機関に勤めている人はFXできないのか

金融機関に勤めると就業規則に株や先物取引、信用取引は一切できないと載るようになりますが、FX取引も同様で顧客のお金に手を付けることを排除するためほとんどの金融機関では禁止になっているところが多いそうです。
中には厳しい制限はあるが取引が許されるところもあるようですがごく少数で、お金そのものを扱う職業であるところが個人の投資取引が禁止されている大きな理由になっているようです。
本人はもちろん禁止なのですがさらにその家族までに規制は及び、会社によっては家族の取引も制限や禁止をしている会社もあるので勤めている人は十分に注意して確認する必要があります。
このように金融機関はお金そのものを仕事にしている職業なので老後のために投資をといっても十分に注意して確認をすることが大事なのです。


この記事をシェアする
TOPへ戻る